« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

グリーンになりました♪

True2
© 2007 MicroAd, Inc. © yoshiyasu/icca.

トゥルーが緑色になりました。
きのう、思いがけず、蚤の市で安く銅の冠があって、
王子さまの風情が出てきたような…。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

民族・共同体・人々

• Amish [αーミッシュ] アーミッシュ派の人たち.プロテスタントのアマン派、アンマン派.
 → 米国ペンシルバニア州に多く居住しているキリスト教の一派。電気、水道、自動車などの現代技術を使わずに生活している。(英辞郎

• Bohemian [ボゥヒーイミァン]
 1ボヘミア人;ボヘミア語.
 2ボヘミアン:芸術化など習俗を無視した自由放縦な生活をしている人.
 3ジプシー
 adj. としても使用.


• Cajun [ケイジャン] Acadia(現在の Nova Scotia)のフランス人移民の子孫として、現在米国 Louisiana 州に住む Acadia 人の子孫;その使用するフランス語方言.


• Creole [kリーオウl]
1.クレオール人:中南米(近隣)で生まれ育ったヨーロッパ人(特にスペイン人)
2.Louisiana州生まれのフランス系アメリカ人;そのフランス語方言
3.クレオール語:主にヨーロッパの言語と非ヨーロッパ系言語との接触による混成語で、母国語として話されているもの
4.クレオール人と黒人の混血児;北米生まれの黒人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

ハミーニャ(BlogPet)

らぴゆがポルカメフと話するはずだった。
だけど、ハミーニャと喪失するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「らぴゆ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料英語学習コミュニティiKnow!

いいサイトができたものです。
英辞郎を使っていたら、横に出ていた宣伝にふと気が留まって行ってみたのが、もう2週間前になりました。

無料なんですよね。新鮮な写真と一緒にネイティブの発音を聞きながら、英単語やフレーズやらを覚えていけるのです。かなり充実してます。

そのうえ日記機能や、コミュニティ機能もあって、人と交流しながら、質問を交わしながら、楽しみながら、学べます。

レッスンがゲーム感覚で楽しいので、思わずハマってしまいます。

ブログパーツのタグも用意されているので、私もこの右サイドコラムに貼り付けてますが、こうして、勉強した記録が残されていきます。

http://www.iknow.co.jp/

karlalou の名前で登録してますので、ぜひお友だちになってやってくださいませ。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

クロスワードパズル(BlogPet)

karlalouの「クロスワードパズル」のまねしてかいてみるね

イギリス版が混在してある)ここに登録してある)ここにあります!
こんな、HP用のは去年のつくったクロスワードパズルのメニューに登録したのタグも用意されてます?
こんな、HP用のつくった(でもどっちか明示してます♪
レベル分けが自分でつくり...

*このエントリは、ブログペットの「らぴゆ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

クロスワードパズル

イギリス版とアメリカ版が混在した(でもどっちか明示してある)ネイティブたちのつくったクロスワードパズルのサイトです。レベル分けがあって比較的易しいのもあります。

こんな、HP用のタグも用意されてます♪(Webmasters のメニューにあります)
ここに登録したのは去年のことだけど、私が自分でつくりあげたニックネーム karlalou を使っているのだけど、こんな名前あるかなぁと翌日検索したところ、一件だけあって、どこかの年配者たちのブログコミュニティだかで、オハイオだったかの自称 60才とかいうおばさんでしたが、あれは絶対、このクロスワードパズルで私の名前を見て気に入っちゃったんだと思うんだー。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

ハミーニャ(BlogPet)

らぴゆがポルカメフと検索するはずだった。
だけど、ハミーニャと紹介するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「らぴゆ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

an は母音の前

こういうのはきっと、教科書でもあればきちんと説明してあるのでしょうけど…^-^;

先日、ふと 'univarsal' につく不定冠詞が 'a' であることに気づいて立ち止まりました。


検索などをして分かったことには、まず、
'an' になるのは、飽くまでも「母音」の前であって、「母音字」ではないこと。
その良い例に 'hour' というものがある。


'univarsal' の語頭の「ユ」の発音記号は [ju] というもので表される通り、母音じゃないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

メディカル関連

• acrophobia [アクラフォゥビア] 高所恐怖症.

• amnesia [アムニージャ/アムニーズィア] 記憶喪失、健忘症.

• anemia [ァニーミア] 貧血/無気力、脱力感

• anorexia [アナクスィア] 食欲不全/神経性食欲欠如症.

• asthma [ズマ] 喘息.

• coma [ウマ] 昏睡.

• concussion [コンション] 脳しんとう/衝撃、震動

• convulsion [コンヴァルシャン] けいれん、ひきつけ/(笑い・悲しみ・怒りなどの)激しい発作/動乱

• cramp けいれん、ひきつけ、こむら返り


• autism [オーティズム] 自閉性.

• artery [アーテリ] 動脈.⇔ vein

• antacid [アンスィd] 制酸剤.
• aspirin [スプリン] アスピリン.アスピリン錠.


• cavity [キャヴァティ] 虫歯.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

備忘録:身の回りの英単語

Tadah〜 w

silhouette [スィルt] シルエット
contore [コンテュァr] 輪郭

opaque [オウイク] 不透明な
transluscent [トランスリュースンt] 半透明の/説明などが解り易い
transperent [トランスァランt] 透明な/率直な;解り易い

incandescent [インカンスンt] bulb 白熱電球
fluorescent [fルァスンt] 蛍光灯

table salt 食卓塩
canister (湿気らないようにお茶や菓子などを入れる)缶の入れ物.


brochure [ブロゥシュァr] パンフレット.(booklet, pamphlet)


quintessential
eccentric

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

ビスコッティとビスケット

biscuit [スキッt]


イギリスでは、煎餅状のサクサクした小麦粉の焼き菓子のこと。
(これをアメリカでは cookie とか cracker という)

アメリカでは、小さくて柔らかいパンのこと。
(これをイギリスでは(形が違うけど)scone という)

KFCで売ってるので分かり易くなりました。

これはまた、色の名前としても使うらしく、
「ビスケット色」なんて、私も普段使ってみたい♪
文字通り、ビスケットの色のことで、薄茶色のこと。

また、陶器の素焼きのことも biscuit で、
bisque も素焼きのこと。でも、だいだい色と辞書にもある。


そして語源。
'bis-' というのが「2度の」という意味で、'cuit' が「料理された」
と、辞書に書いてある。

以前、イタリアの焼き菓子、ビスコッティの意味が「2度焼いた」だと教わったけれど、言語が違うだけで、ビスケットも同じことなんですね。

ビスコッティ、よく焼いたことがありました。
たっぷりのアーモンドとたっぷりのすりおろしたレモンの皮を入れて。
一度目は、大きな固まりで焼いて、それを斜めにスライスしてもう一度焼きました。
で、すごく堅いんだけど、これでいいんだと言われ、コーヒーに浸しながら食べるものなのだとか。そして、プレーンなこれがビスコッティというもので、チョコレートとかかかっていたりするのは邪道なんだとか。


それで、その後、イタリア人のメール友だちができて、
私がビスコッティを焼くと言う話をした時に、
彼女がビスコッティはビスケットと同じことで、いろんな形状のものがあるよ、と言うので、アメリカでの話とはズレがあって、そのときは、少々混乱したものでした。

でも、ようやく、ことの真相がはっきりした気がします。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

郵便配達の素行調査

最近、いつになく郵便受けの郵便が整って入ってるな、と思っていたのです。

こないだのクリスマス前に、ぐちゃぐちゃに入っていたりして、
あぁ、あのおっちゃん、またこんなことしてるし…

と思っていたところだった。


きっと誰かが苦情を出したんでしょうね。
先日こんなハガキが届いたのです。
Uspscard1
最近の郵便の配達状況はどうですか、と言うアンケートを送るから、記入して返送してくれというお願いメール。
うーん。なんかこの数年、何度となくこういうことを繰り返してきたような気がしましたけど…(苦笑)
ということなので、私はそのアンケートを受け取りはしたけど、数日ほったらかしていたのですよ。

そしたら、
再度ハガキが来まして、フォローアップだということで、もう出したならいいんだけど、まだなら、どうかやってくださいよ、と催促されてしまいました。
Uspscard2

ということで、しょうがないから、さっき記入しときましたよ。
あとはポストに入れるだけです。
3ページもあって驚いちゃいましたけど…ハガキで言ってるように10分くらいかかったかな…。

でも、郵便局の窓口のひどすぎる応対をするスタッフも必死に直そうと頑張ってる姿を見たし、郵便局はそれなりに向上・改善をこころがけて誠意を見せてます。親切な配達人さんもいるしね。

ところで、この郵便局からのハガキの英語が、場所柄、誰にでも解り易い平易でかつ丁寧なオフィシャルなイングリッシュだな、と言う気がして、こんな英語を身につけたいものだと思うので、ここへ残しておこうと思いました。

'advocate'って弁護人なの?Consumer Advocate って…消費者の擁護者?消費者保護団体?消費者側の訴訟代理人? は?あ、訴訟?!

あ、よく見るとぉ、あのギャラップ社が関わってるんだ。Gallup って書くんだ…へぇ…初めて知った。^-^;


機関の仕組みとか難しいことは、よく分からないけど、
ここでは、ちょっとオフィシャルな英語の書き方を吸収しようと言う趣旨で記事にしてます。^-^;

"Dear Valued Customer" なんていう言い方とか、「大切なお客様へ」ってことですよね。

ask a fovor of you  頼みたいことがあるって感じね。

that may help us 〜 と言う言い方とか…

you and other customers という言い方とか…。こうして'you'を入れてくれると、なんかフレンドリーですよね♪

to benchmark  (自社製品の改良のために他社の製品を)基準に従って評価する.

sincere gratitude  なんて言い方もするんですね。

invitation to participate  

survey  調査、検査、調査書.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »